本文へジャンプ

大阪桐蔭高校 日本拳法部

第13回 全国高等学校日本拳法選抜大会 個人の部

期日: 2009年03月29日(月)
場所:
男子個人の部
赤井 孝平
準々決勝 2×0 仁井
準決勝 2×0 江口(大商大堺)
決勝 0×1 西野(清風)
準優勝! 決勝では、両者一歩も引かず2分間を使い切り、時間無制限1本勝負の延長戦にもつれ込んだ。 最後は赤井の一瞬の躊躇を見逃さず「後ろ回し胴蹴」を叩き込んだ西野に軍配が上がった。手に汗握る熱戦を繰り広げた赤井選手に賞賛!

男子個人の部
山原 大典
準々決勝 0×2 前岡(大阪)
Bコートで白熱の試合を行った山原選手であったが、昨日の団体決勝戦で本校に敗れた大阪高校の主砲・前岡の前に準々決勝で敗れ、ベスト8(第5位)入賞となった。

女子個人の部
米田 理紗
準々決勝 0×2 松岡(大商大堺)
勢いのあるパンチで果敢に攻めたが、一歩及ばずベスト8(第5位)入賞。ライン際、得意の組み技に持ち込む寸前に試合が中断され、リズムが途切れた。

前日の団体戦の余韻と、また悔しさの入り交じった雰囲気のまま迎えた第2日目「個人の部」であったが、各選手とも善戦した。
準優勝した赤井孝平選手は、強烈な突と膝蹴を武器に勝ち進み、会場を沸かせた! 昨年の米村元紀選手の優勝を引き継いだ素晴らしい試合内容だった。
山原主将、米田選手も見事な内容の試合を展開、実力を発揮した。
また、1年女子・土井、山本をはじめ他の選手も次回につながる試合であった。
別ウインドウで表示
別ウインドウで表示


2008年度