本文へジャンプ

大阪桐蔭高校 日本拳法部

部の紹介


【創部】
昭和58年 「大阪産業大学高等学校大東校舎」が設立され、同年「日本拳法部」を創部。
      9月1日 日本拳法会・矢野文雄会長に加盟届提出
昭和59年 「日本拳法全国高等学校連盟」に加盟。
昭和63年 現在の「大阪桐蔭高等学校」として分離独立と同時に「日本拳法部」を継承。
平成 6年 第9期生から男女共学校となり、これにともなって女子部員入部。
平成28年 活動休止

【指導方針】
屈指の進学校として相応しく文武両道の精神に則って、勉学と武道の両立を、創部当初より目指してきた。
【部訓】
 「研学錬武」(けんがくれんぶ)学を研(みが)き武を錬(ね)る

   一、尚志勉励、校則遵守を第一に、本分を全うすること。
   一、日本拳法部員としての矜恃を胸に、心身の鍛錬に努力すること。